JAの動画へ
美味しいトマトの育て方!トマト栽培の歴史や病害虫対策も紹介
2021/2/8

美味しいトマトの育て方!トマト栽培の歴史や病害虫対策も紹介

ミニトマトから大玉まで、様々な種類のあるトマト。トマト栽培には日照管理と水分管理が欠かせません。 今回は熟した美味しいトマトを栽培するためのコツをご紹介します。

AGRIs by JA バナー

SHARE

1. はじめに

トマトは乾燥・多日照の気候を好みます。
そのため、甘くて美味しいトマトを育てるには水やりと日当たりの調整が非常に重要です。高畝を作って水はけをよくしたり、日当たりの良い場所で育てたりといった細かな工夫がトマト栽培の鍵です。
今回は、完熟した美味しいトマトを収穫するための栽培のコツをご紹介します。

2. トマトとは

学名 和名/別名 分類 原産地 発芽適温 生育適温
Lycopersicon esculentum Mill. トマト ナス科トマト属 中南米 20~30℃ 20~30℃

トマトは中南米原産のナス科の野菜です。日本には江戸初期に伝わったといわれていますが、当初は観賞用として栽培されており、食用にされるようになったのは洋食文化が広まり始めた大正時代のことでした。

トマト栽培の歴史についてはこちらの記事をご覧ください。

知られざるトマトの歴史~南米からヨーロッパ、そして日本へ~ | AGRIs | 農業技術の集会所
thumbnail
トマトの原産地は現在のペルーを中心としたアンデス山脈と言われています。そんな南米の地で生まれたトマトはどのようにして世界に広まり、地球の裏側にある日本で食べられるようになったのでしょうか。
https://www.agri-smile.app/articles/tomato-history

トマトにはリコピンやビタミンC、カロテンなど多くの栄養素が含まれており、健康によい野菜として知られています。生食用と加工用の二種類に大別されますが、生食用の品種の方が種数が多く、大玉、中玉、小玉(ミニ)に分類できます。実の色は赤色だけでなく橙色や黄色、緑などがあり、複数種を取り合わせて植えるとカラフルな見た目を楽しめます。

3. トマトの育て方・栽培方法:播種~定植

3.1 播種・育苗

トマトを種から育てる場合には、育苗ポットに数粒ずつまく方法と、畑の一角や箱などに条まきする方法があります。いずれの場合にも温度管理が重要です。
トマトの発芽適温は20~30℃といわれています。日光は十分に当てる必要がありますが、高温になりすぎないように注意しましょう。

ポットまきの場合は直径8~9cmの育苗ポットに種を3~4粒ずつまきます。5㎜ほどの厚みで土をかぶせ、たっぷり水をやりましょう。
発芽後、本葉が1~2枚になったら、まずそれほど生育の良くないもの1本を選んで間引きます。その後、本葉が2~3枚に増えたらさらに間引いて最も生育のよい1本を残します。

箱や畑の片隅で育苗する場合には、深さ1㎝ほどの溝をつけて約1㎝の間隔で種をまきます。覆土はポットまきの場合と同様に5㎜ほどにし、たっぷり水をやります。
本葉が出てきたら適宜間引きを行い、本葉が4~5枚になったら育苗ポットに一本ずつ植えつけます。

育苗ポットに植えている苗の本葉が8~9枚になり、花蕾(つぼみ)が付き始めたら定植します。定植に適した大きさに育つまでにはおよそ2ヶ月程度必要です。



3.2 土づくり・定植

定植の2週間ほど前に、1㎡あたり石灰150gを散布して耕します。
その1週間後に、1㎡あたり堆肥を3〜4kg、化成肥料を150gまいて再びしっかりとすき込みます。
土の準備が整ったらマルチを敷くとよいでしょう。マルチには、害虫の飛来や雨が降ったときの泥はねを防ぐ効果があります。

土のpHは6.0〜6.5が目安です。トマトの根は地中深くまで伸びるため、よく耕して土を柔らかくしておきましょう。
また、土中の窒素成分が多すぎると実がつきにくくなり、リン酸過多だと生育が衰えてしまいます。窒素とリン酸のバランスをよく保つように気をつけましょう。
プランターで栽培する場合には、野菜用の培養土を使用するのがおすすめです。

定植当日は、育苗ポットよりも大きめになるように穴をあけて苗をポットから移植します。株間は50cm程度が良いでしょう。
このとき、苗を横に寝かせて茎の一部が土の中に埋まるように植える方法があります。これを「寝かせ植え」と呼びます。寝かせ植えをすることで、土中に埋まった部分の茎から根が生えてきてトマトが水や肥料を吸収する力が強くなると言われています。

4. トマトの育て方・栽培方法:栽培管理

4.1 仕立て

仕立ては1本仕立てと2本仕立ての二種類あります。
1本仕立ては、大玉トマトからミニトマトまで幅広い大きさのトマト栽培に対応できる基本形です。
2本仕立ては、主枝と第1花房の下から伸びるわき芽の計2本を伸ばす仕立て方で、中玉トマトやミニトマトの栽培に向いています。

仕立て後は、雨よけネットなどをかけて、病気や実割れを防ぐと良いでしょう。

4.2 芽かき・誘引

誘引とは、茎が途中で折れてしまわないように支柱に引き寄せておくことを指します。ビニール紐や麻紐などを用いて、20~30cm間隔で茎を支柱に結びつけましょう。

芽かきとは、脇芽を取り除くことで株の栄養が複数の枝葉に分散するのを防ぎ、大きくて甘い実をつくる作業です。
本葉のつけ根から出るわき芽をすべてかき取り、花房が咲きだしたら、その上の葉を2~3枚残して主枝をかきとりましょう。

4.3 追肥・水やり

花が咲いて実がつき始めたら、追肥をおこないましょう。大玉トマトの場合は実がピンポン玉程度の大きさになる頃が目安です。
株元から少し離して、葉が茂っている範囲にやるようにします。その後は草勢を見て適宜追肥します。肥料のやり過ぎは逆に株を弱らせるため、注意しましょう。

4.4 病気・害虫に注意!

トマトの栽培では、うどんこ病や灰色カビ病に代表されるカビ(糸状菌)による被害に注意する必要があります。こちらの記事では、カビによって媒介されるトマトの二大病について、原因や対処法をご紹介しています。

トマトをうどんこ病から守るために。必ず知っておきたいトマトのカビと対策 | AGRIs | 農業技術の集会所
thumbnail
トマトの葉や茎にできるカビ。トマトのカビのおおきくは、灰色カビ病とうどんこ病の2種類に分けられます。それぞれのカビの特徴を理解し、しっかりとした対策を行いましょう。
https://www.agri-smile.app/articles/tomato-mold


トマトの柔らかい葉は害虫にとっても非常に魅力的です。ハモグリバエやヨトウムシ、コナジラミなど、トマト栽培で注意すべき害虫は少なくありません。
こちらの記事では、害虫による被害が生じた場合の見分け方や対策方法をご紹介しています。

トマトの害虫対策!エカキムシ、ハモグリバエ、コナジラミなどの対処法 | AGRIs | 農業技術の集会所
thumbnail
トマト栽培では、ヨトウムシやアブラムシ、トマトハモグリバエなど、様々な病害虫への対策が必要になってきます。今回は、トマトを食害する害虫の種類とその対策法をご紹介します。
https://www.agri-smile.app/articles/tomato-vermin


病気や害虫が発生していなくても、トマトの元気がなくなって枯れてしまうことがあります。原因としては、日当たりや風通しが悪く多湿な環境に植わっていたり、肥料をやり過ぎていたり、2年以上続けて同じ畑でトマトを育てたために連作障害が発生したりといったことが考えられます。
こちらの記事では、トマトが枯れやすくなる原因をまとめてご紹介していますのであわせてお読みください。

トマトが枯れてしまのはなぜ?トマトが枯れてしまう主な5つの原因 | AGRIs | 農業技術の集会所
thumbnail
トマトが枯れてしまう原因は様々ですが、植わっている場所や土壌環境によってトマトが病気になる場合が少なくありません。今回はトマトが枯れてしまう肥料過多などの原因を解説、対策方法もご紹介します。
https://www.agri-smile.app/articles/tomato-disease

5. トマトの育て方・栽培方法:授粉・収穫

自然受粉に加えて、人工授粉を行うことでトマトをより確実に結実させることができます。特に、花房の1段目の花が結実しなかった場合、2段目以降の花が咲いても実がつかない可能性があるため、1段目の花は人工的に授粉させるとよいでしょう。

人工授粉には、トマトの花を手で揺すって花粉をつける方法と、ホルモン剤を霧吹きなどで吹きかける方法があります。
ホルモン剤を利用する場合は、開花した花のみに処理するようにしましょう。つぼみに散布すると空洞花の原因になります。

開花から約2ヶ月後が収穫適期です。実がヘタの近くまで色づいていて、ガクが反り返った状態になったら食べ頃です。ハサミでヘタの上部を切り取るか、手でもぎ取りましょう。
トマトは、株が枯れるまで比較的長期間にわたって収穫が可能な野菜のため、収穫の際に茎や葉を必要以上に傷つけないように注意しましょう。

6. おわりに

今回はトマトの栽培方法についてご紹介しました。こちらの記事では、トマトの中でも特に家庭菜園で育てやすいミニトマトについて、栽培方法をご紹介しています。

ミニトマト栽培 鈴なりのきれいな実を付けさせる方法 | AGRIs | 農業技術の集会所
thumbnail
ミニトマト栽培は簡単に見えて実は奥が深いのです。 ミニトマト栽培で重要な芽かき・誘引のやり方、肥料や水やりのポイントまでお伝えします。
https://www.agri-smile.app/articles/minitomato-saibaihou

可愛らしいプチトマトを育てて食卓に彩りを添えてみてはいかがでしょうか。

SHARE

川瀬 翔子Shoko Kawase

農業ライター

ライフワークは食べられる野草や木の実を探して調理し、みんなでワイワイ食べること! 「誰もが安全・安心な食を手にできる社会」の実現を目指して勉強中です。

PR

🌱JAとぴあ浜松×AGRIs コラボ企画part4🌱

ミックスレタス の育て方をJA営農指導員さんが基礎からしっかり教えます🌟
2分で学んで、今日からさっそく実践👍

↓詳しい内容はYoutubeで↓


AGRIs by JA バナー