記事一覧
知っておきたいシソの害虫!シソ栽培6つの害虫とその防除方法
2020/8/30

知っておきたいシソの害虫!シソ栽培6つの害虫とその防除方法

家庭菜園でも人気のシソ!今回はアブラムシやハダニなど、シソ栽培で頻出の害虫の防除方法について解説します。

SHARE

1.アブラムシ

小さい黄色や黒色の虫で、繁殖力が高く大量に発生します。主に葉の裏に群生して吸汁するので、葉の萎縮や生育阻害を引き起こします。排泄物によって葉をベタベタにしてウイルス病を媒介したり、アリを誘因したりもします。

防除方法

天敵のテントウムシを利用した防除方法がある他、アリはアブラムシの排泄物をもらう代わりにアブラムシを守っていて、アブラムシと共存関係にあるので、アリを駆除することも重要です。

2.ハダニ

ハダニは、葉裏で吸汁して多数の白い斑点やカスリ傷をつけます。放置すると吸われた部分の葉緑素が抜け白い斑点ができて乾燥状態となり、進行すると葉全体の色が悪くなって落葉してしまいます。被害のあった葉が落葉しても、ダニは新しい葉へと移動するため、被害は株全体に広がっていってしまいます。

防除方法

ハダニは水に弱いので、葉裏にスプレーなどで水を撒くことで、個体数を減らすことができます。発生が少数の場合はテープなどを使って集団ごと捕獲する方法もあります。畑の内外の雑草が主な発生源となるので、雑草を放置しないように注意してください。

3.ヨトウムシ

ヨトウガという蛾の幼虫です。孵化した幼虫はとても小さく、葉の裏から食害を始め、大きくなってくると体が黒っぽくなります。昼間は土の中に隠れ、夕方になると出てきて葉を食べ始めるので、朝気づいたら葉が食べられているけど虫がいない!という時はヨトウムシが原因である可能性が高いです。

防除方法

成長すると昼間は土の中に隠れているので、被害が出ているのに見つからない場合は土の中を探して駆除しましょう。薬剤での防除も有効です。

4.アザミウマ

幼虫と成虫の両方が見られ、黄色や黒色で体長は1〜2㎜です。シソから汁を吸います。花が枯れたり、葉に白い斑点が生じたりします。葉への食害が増えると葉全体が褐色になり、放置すると枯死してしまいます。

防除方法

アザミウマが葉に産卵するのを防ぐために防虫ネットを張って予防しましょう。大量発生すると薬剤が行き届きにくくなるため、予防が大切です。

5.バッタ

シソで発生するバッタは主にオンブバッタと呼ばれる小さめのバッタで、主に5月から8月にかけて発生します。このバッタが発生すると、数匹でもシソの葉を食い荒らして、収穫量が大きく減ってしまいます。

防除方法

バッタは他の害虫に比べて大きく捕まえやすいので、見つけ次第捕獲して処分するようにしましょう。また、幼虫も集団で食害するので、こちらも穴が空いている葉の周辺を探して捕獲してください。

6.ハモグリバエ

エカキムシとも呼ばれる虫で、ナモグリバエやマメハモグリバエといった種類がいます。4月や8~9月に多く見られます。体長3mm以下の小さな虫で、葉の中で生息します。葉の中を食べながら進んでいくので、食害を受けた葉には白いペンで書いたような跡がつきます。

防除方法

葉を挟むようにして潰すことができます。また、食べられた葉を取り除けば、他の葉へ広がることはありません。

7.おわりに

シソに発生する害虫とその予防法を中心に紹介してきましたが、害虫が発生した時、特に大量に発生してしまった場合には、農薬を使った対処が必要になってきます。本ページの農薬データベース(対象農作物にしそ、適用病害虫に害虫名を入力してください)も参考にしながら適切な方法で駆除を行ってください。

加藤 慶太

農業ライター

全国の生産者の元を訪れ、自らの視点で様々な情報を提供します。

PR

🌱JAとぴあ浜松×AGRIs コラボ企画part4🌱

ミックスレタス の育て方をJA営農指導員さんが基礎からしっかり教えます🌟
2分で学んで、今日からさっそく実践👍

↓詳しい内容はYoutubeで↓