記事一覧
連作障害を防ぐ!家庭菜園でも気を付けたい連作障害の被害とその対策方法まとめ
2020/6/29

連作障害を防ぐ!家庭菜園でも気を付けたい連作障害の被害とその対策方法まとめ

同じ作物を連続して栽培することで生じる連作障害は、大きな畑はもちろん庭での家庭菜園、プランター栽培でも発生します。この記事ではそんな連作障害についてその対策とともにまとめました。

SHARE

1.連作障害とは

 

同じ作物を畑で連続して栽培することで土壌病害が発生したり土壌養分の不均衡が起こり、作物の生育に悪影響が出る現象を言います。
連作障害は畑で発生しやすく、水を蓄えている水田ではほとんど発生しません。

基本的に畑の土壌には、植物の根から分泌される物質を求めて微生物が集まってくるのですが、同じ科の作物を続けて栽培していると集まってくる微生物が偏り土壌内で特定の病原菌が増えていってしまいます。これが連作によって土壌障害が発生する仕組みです。
こうして発生した土壌障害が原因となる萎黄病や半身萎凋病は様々な作物で発生します。

青枯病の被害
葉が青々としたまま株の一部が突然萎れ、非常に速い速度で広まって枯れていってしまう病気です。茎の断面を見てみると乳白色の菌泥が見られることがあります。
 
防除方法
前作の残渣に病原菌がついている可能性があるので、しっかり処理してから栽培を始めましょう。青枯病が発生した後は、次の栽培に移る前に土壌を消毒するか新しい土をいれましょう。



萎黄病の被害
高温多湿の環境で発生しやすくなる病気です。葉が黄緑色に変色しながら奇形化したり、ねじれて小さくなるなどの症状が出ます。主に土壌感染によって広まっていく病気です。
防除方法
菌は一度発病すると土の中で残存して根から侵入して広まるので、病気が発生した株は畑の外で処分して土壌を通じての感染を最小限に留めましょう。感染すると同じ畑の苗がすべて感染してしまう可能性があるので、温度の高い時期に地面をビニールシートで覆って地温を上げることで最近や幼虫を死滅させる、太陽熱消毒を行っても良いでしょう。

2.連作障害が発生しやすい作物

同じ野菜を作らずに空けておくべき栽培間隔を示すのが輪作年限です。連作障害は全ての野菜で発生するわけではなく、野菜の中でも連作障害が発生しやすいものと、発生しにくい野菜があります。次にまとめた輪作年限を参考にしてください。

輪作の影響が少ない→アスパラ、ネギ、サツマイモ、カボチャ、ニンジン、トウモロコシ
1年→ホウレンソウ、カブ、ニラ、水菜
2~3年→レタス、ハクサイ、キュウリ、ジャガイモ、ダイコン、ラディッシュ
4~5年→ピーマン、トマト
6年以上→ナス、エンドウ

3.連作障害を防ぐ

効果的な輪作

連作障害を防いで持続的な栽培・収穫を行っていくためには輪作を行い、土壌養分の均衡を保っていく必要があります。ただし、作物の組み合わせによって輪作の効果は違ってきます。養分吸収力の高いイネ科の植物や、ダイコンなど根部の発達する作物を取り入れると効果は大きいです。また、田畑を水田状態と畑地状態にして交互に利用する田畑輪換という方法もあり、土壌養分の均衡を保ってくれる効果に加え、雑草の発生も抑えてくれます。

プランター栽培などのごく小さい規模で栽培している場合は、土を入れ替えたり、他の場所から性質の違う土を混ぜ込んだりして対応すれば、連作障害をあまり出さずに同じ作物を栽培することができます。

継続的な土壌管理を!

連作の有無に関わらず、畑の土壌を改良していくことは野菜を育てていくうえで不可欠です。保水性や通気性、排水性に優れ、様々な養分や微生物を持っているという土を作っていくことが土壌改良の目標です。有機物の投入、深耕、輪作を作物の生育状況を確かめながら長期的に継続していきましょう。

加藤 慶太

農業ライター

全国の生産者の元を訪れ、自らの視点で様々な情報を提供します。

PR

🌱とぴあ園芸教室×AGRIs コラボ企画パート2🌱

いよいよ家庭菜園シーズン到来!!
ニンジンの育て方を基礎からしっかりJA営農指導員さんが教えます🌟
2分で学んで、今日からさっそく実践👍

↓詳しい内容はYoutubeで↓