記事一覧
インゲンマメを病気から守る!インゲンマメに発生する病気とその防除方法
2020/9/21

インゲンマメを病気から守る!インゲンマメに発生する病気とその防除方法

インゲンマメ栽培においては菌核病や炭疽病などの病気が発生します。これらの5つの病気の症状と防除方法をまとめました。

SHARE

1.菌核病

菌核病は、葉が青々としたまま株の一部が突然萎れ、非常に早く症状が広まって枯れていく病気です。菌核病を発症した茎の断面には乳白色の菌泥が見られることがあります。
特に湿度の高い環境では病斑部に白色の綿毛状の菌糸が生じ、灰褐色の菌核を形成します。菌核病は、春や秋、降雨後の多湿条件下で発生しやすくなります。

予防・対処法

同属や同一作物の連作は避けましょう。また、畑の水はけを良くして多湿な環境にならないように注意してください。万が一発症してしまった場合は、被害にあった株を迅速に除去しましょう。

2.炭疽病

葉に淡褐色の病斑が生じます。病気が進行すると病斑が拡大して中央部が変色し、湿度が高くなると裂けます。水はけが悪い土壌や、高温多湿の環境で多く発生します。

被害を受けた茎や葉にカビが残存し、胞子が雨によって周囲に飛散することで感染が広がります。炭疽病は、インゲンマメだけでなく、ダイコンやハクサイ、キュウリ、ピーマン、イチゴなど、複数の野菜・果物に感染することが知られています。

予防・対処法

発病した株は除去し、残渣が残らないように注意しましょう。また、肥料過多の場合に発生しやすくなるため、適切な施肥管理も大切です。

万が一炭疽病が発生した圃場に植え付けを行う場合は、定植前に土壌の消毒を行うようにしましょう。

3.モザイク病

モザイク病は、アブラムシがウイルスを媒介することで発生する病気です。 葉に白色~淡黄褐色の病斑が生じます。生育初期に感染すると、成長が阻害されて枯死にいたる場合もあります。

予防・対処法

モザイク病はアブラムシによって媒介されるだけでなく、発病した茎や葉から分泌される汁液によっても感染が拡大することが知られています。また、ウイルスのタイプは異なる場合がありますが、インゲンマメ以外にも多数の作物で発生する病気のため、他の作物からの伝染にも注意が必要です。

4.立枯病

書記には葉柄や茎の下部が濡れたように褐色に変化して腐敗します。やがて上の方の葉に症状が広まり、進行すると萎れて枯死してしまいます。菌は多湿を好むので、梅雨の時期は特に注意が必要です。

予防・対処法

多湿な土壌で発生しやすくなるので、水はけが良い状態を保ちましょう。また、連作を避けるようにしてください。被害が大きくなるのを避けるために、感染している株を見つけた場合は、抜き取って圃場の外で処分するようにしてください。

5.灰色かび病

灰色カビ病は、ボトリティス菌という風によって飛散する糸状菌が原因となる病気です。主として葉や茎などに発生します。初めに水浸状の病斑が現れ、時間が経過すると病斑部に灰白色〜褐色のカビが生じます。また、カビが茎の内部に及ぶと水を吸い上げられなくなり、上部の枯死につながります。

予防・対処法

葉が茂りすぎていたり風通しが悪かったりすると、湿気が溜まって胞子が拡散しやすくなります。できるだけ風通しの良い場所で、株間をあけて育てましょう。

6.おわりに

今回はインゲンマメがかかりやすい病気と対処法をご紹介しました。もしも病気が発生してしまった場合には、インゲンマメ栽培を続けるために農薬の力を借りる必要がある場合も考えられます。本サイトの農薬データベースの対象農作物に「いんげんまめ」、適用病害虫に病気の名前を入力すると、病気に有効な農薬の情報を検索できますのでご参照ください。

加藤 慶太

農業ライター

全国の生産者の元を訪れ、自らの視点で様々な情報を提供します。

PR

🌱JAとぴあ浜松×AGRIs コラボ企画part3🌱

ブロッコリー の育て方をJA営農指導員さんが基礎からしっかり教えます🌟
2分で学んで、今日からさっそく実践👍

↓詳しい内容はYoutubeで↓