記事一覧
葉ネギの栽培レシピ 万能の薬味を育てる!
2020/8/31

葉ネギの栽培レシピ 万能の薬味を育てる!

様々な料理の薬味として欠かせない葉ネギ。長ネギとは違った味わいが楽しめます。今回はそんな葉ネギの栽培方法を解説していきます。

SHARE

1.栽培時期

品種によって適する時期は異なりますが、3月から4月に種をまく春まきと、8月から10月に種をまく秋まきができます。収穫は種まきから2、3か月後くらいから繰り返しおこなうことができます。

2.土づくり

種まきの2週間前に石灰100g/㎡、堆肥2㎏/㎡をまいて耕し、1週間前に肥料100g/㎡をまいて再度耕します。畝は幅60〜80㎝、高さ10㎝を目安に作ります。気温が低い春先に種をまく場合は、マルチを使用して保温しましょう。

マルチの使い方はこちらの記事をご覧ください。

JA営農指導員が教えるマルチの張り方!一人でもピンと張れる方法とは? | AGRIs | 農業技術の集会所
thumbnail
おいしい野菜作りに役立つマルチですが、うまく張れずにたるんでしまったり、風でめくれてしまったりしたことはありませんか?今回はそんなマルチをうまく張る方法を、JAとぴあ浜松の営農指導員監修のもとご紹介します。
https://www.agri-smile.app/articles/mulch-howto

3.種まき・間引き

20㎝間隔でまき溝をつくり、1㎝間隔ですじまきします。種の上から5㎜くらい土をかぶせて水をやりましょう。発芽後、本葉が2枚出たら株間が2、3㎝になるように間引きます。

4.追肥

葉ネギは肥料をやりすぎると徒長してしまうため、注意が必要です。追肥する場合は、化成肥料30g/㎡を種まきから1か月おきに与えます。肥料が足りているようであれば、量を減らしたり、頻度を下げたりしましょう。

土寄せは、追肥の有無にかかわらず、1か月ごとに行います。

5.収穫

草丈が40㎝前後でになったら収穫します。根ごと手で引き抜いて収穫します。また、地上部を3㎝残してハサミで切り取ると、残った部分から新しい葉が伸びてきて、繰り返し収穫することができます。この場合は、肥切れにならないように収穫のたびに追肥をしましょう。

6.おわりに

今回は葉ネギの栽培方法を紹介しました。下の記事では長ネギの栽培方法を紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。また、有料会員にご登録いただくと、300以上のプロ農家さんの栽培動画が見放題です。ぜひこの機会にご登録してみてはいかがでしょうか。

長ネギの栽培レシピ  プロ農家に学ぶおいしい長ネギの育て方 | AGRIs | 農業技術の集会所
thumbnail
ネギの栽培には、主に葉身を利用する葉ネギ栽培 と、白く軟白した葉鞘を利用する長ネギ(根深ネギ)栽培があります。 今回は後者の長ネギの栽培方法やコツを紹介していきます。
https://www.agri-smile.app/articles/naganegi-saibai




福田 夢月

ライター

バイオサイエンスを学び食糧問題の解決に貢献することが目標です。

PR

🌱JAとぴあ浜松×AGRIs コラボ企画part2🌱

ニンジンの育て方をJA営農指導員さんが基礎からしっかり教えます🌟
2分で学んで、今日からさっそく実践👍

↓詳しい内容はYoutubeで↓