記事一覧
ゴーヤ栽培成功のために!知っておくべきゴーヤ栽培における4つの害虫
2020/3/1

ゴーヤ栽培成功のために!知っておくべきゴーヤ栽培における4つの害虫

緑のカーテンとして人気のゴーヤですが、ゴーヤにも他の野菜と同じように害虫が発生することがあります。今回は、夏のゴーヤ栽培における害虫とその対策法をご紹介します。

SHARE

1. はじめに

近年、夏の暑さを和らげる秘策として人気の緑のカーテン。つる性の植物を中心に、いくつかの種類の植物が緑のカーテンに利用されていますが、特に人気なのがゴーヤです。

夏の日差しを防いでくれるだけでなく、実を収穫していろいろな料理で楽しめることから、家庭や職場、学校など様々な場所で栽培されています。

とはいえ、ゴーヤ栽培も必ずうまくいくとは限りません。うまくつるが伸びなかったり、葉が少なかったりして緑のカーテンにならないこともあります。 また、ゴーヤ栽培でも他の野菜と同じように害虫が発生することがあります。そこで今回は、夏のゴーヤ栽培において発生しやすい害虫とその対策法をご紹介します。

2. アブラムシ

小さい黄色や黒色の虫で、繁殖力が高く大量に発生します。植物の葉っぱの裏について吸汁するため、アブラムシの密度が増すと葉の生育が阻害され、重症になると落葉し、枯死してしまいます。

また、アブラムシは病気を媒介することもあります。主に葉の裏に群生して吸汁するので、葉の萎縮や生育阻害を引き起こします。さらに、排泄物によって葉がベタベタになるほか、モザイク病やすす病などを媒介します。

防除方法

アブラムシの付いた苗の定植は極力避け、アブラムシが見つかった場合は被害を受けた株の近くをマルチングするとよいでしょう(マルチングについては、マルチを使い分けて野菜づくり!様々なマルチの種類と効果まとめをご参照ください)。

また、天敵のテントウムシを利用して駆除する方法もあります。アブラムシと共存関係にあるアリを駆除するのも有効です。

3. ヨトウムシ

夜間に株間から出てきて植物を食い荒らします。幼虫が葉表の薄皮を残して食べ進み、次第に他の部位にも広がって食害をもたらすようになります。ヨトウムシが幼苗期に多発すると、葉の成長が止まってしまいます。

防除方法

ヨトウムシは葉の裏に大量に卵を産み付けるため、日ごろから葉裏を観察し、卵を見つけたらふ化しないうちに葉ごと処分しましょう。また、成長すると昼間は土の中に隠れているため、被害が出ているのに見つからないという場合は土の中を探して駆除しましょう。

4. オオタバコガ

オオタバコガは蛾の一種で、幼虫が植物に被害をもたらします。幼虫の体表には細い毛が生えおり、1匹だけでも次から次へと果実に被害をもたらします。

また、雌1匹あたりの産卵数は、オオタバコガでは1,000~2,000個、タバコガでは500~600個ほどといわれており、とても繁殖力が強い害虫です。5mm程度の穴をあけてゴーヤの内部に潜り込み、食害を引き起こします。

防除方法

日頃のお手入れの中で、卵が産みつけられていないかをよく観察しましょう。防虫ネットを用いて成虫の産卵を防ぐこともできます。

5. ウリハムシ

ウリハムシは、8月を過ぎると近隣の畑などから飛来する、体長2mm~10mmほどの小さな虫です。ウリハムシによる被害を受け続けると、次第に葉がボロボロになっていきます。

ウリハムシの成虫は丸い小さな穴や筋を残しながら葉や果実を食い荒らすため、その周りが少しずつ枯れていきます。また、数が増えると葉っぱがほとんどなくなってしまうほどの食害となります。さらに、幼虫も根や茎を食い荒らします。

防除方法

ウリハムシには天敵がいないため、直接捕まえるという方法が最も効果があります。回転しながら落下するという特性や、早朝などの気温が低い時間帯に動きが鈍くなる性質を利用しましょう。

6. 終わりに

今回は害虫ごとの防除方法をご紹介しましたが、万が一害虫が大量に発生してしまった場合には農薬を使った対処も有効です。本サイトの農薬データベースの対象農作物の欄に「ゴーヤ」、適用病害虫の欄に病害虫の名前を入力すると、害虫駆除に適した薬剤を検索することができます。併せてご参照ください。

加藤 慶太

農業ライター

全国の生産者の元を訪れ、自らの視点で様々な情報を提供します。

PR

🌱JAとぴあ浜松×AGRIs コラボ企画part1🌱

栽培の基礎となる畑の準備を、JA営農指導員さんがしっかり教えます🌟
2分で学んで、今日からさっそく実践👍

↓詳しい内容はYoutubeで↓